​ブログ

最新記事

2015/11/21

角の生えた鹿とそれを狙う人が描かれています。鹿は前足をあげて、駆けているようです。また狩りをする人は、帽子をかぶり、ブーツをはき、裾の長いジャケットを身についています。このほかに、鳥のエンブレム、大きなモミの木、そして東屋という狩場を表すモティーフが見えます。貴族の庭園は、おそらくイギリス式庭園として手を入れられたもので、きっと大きな木立があり、その中に東屋(パヴィリオンとも言われます)が、点在していたのでしょう。東屋には、いろいろな趣向が凝らしてあり、エジプト風のものもあれば、ギリシャ・ローマ風のものなどもありました。この「鹿狩り...

2015/11/07

ヴィオルカが、設立されて1年と3か月たちました。初めて銀座に出店し、多くの方々にチェコの藍染を知っていただける大切な機会と、背筋をのばし、心を込めて準備を進めています。チェコの藍染めは本当にユニークです。たとえば、パターンも、18世紀から使い続けられているものもあれば、1948年以降に新たにデザイナーによってつくられたものもあります。チェコは、第二次世界大戦後の1948年から1989年まで、共産主義体制下にあり、自由経済とは無縁の環境で、製作がつづけられていたため、非常に手のかかる藍染めの技法が現代まで残ったのです。 共産主義...

2015/07/04

「ヴィオルカのチェコの藍染めを作る。」というプロモーション動画ができました!チェコの藍染めの制作工程が、3分弱の時間内に、コンパクトに、そしてテンポよくまとめられています。

Please reload

2019/07/19

Please reload

プラハ滞在日記 2012年夏

Welcome to japonkavpraze.com

カテゴリー
アーカイブ
Please reload

  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Pinterest Icon
  • Grey Twitter Icon

© Violka ヴィオルカ All Rights Reserved.

当サイト内の内容、テキスト、画像等の転載を禁止します。使用ご希望の場合、お問合せよりご連絡をお願いします。